僧侶、冠位は紫色が最上位

kesaよくお坊さんに見かける袈裟や衣は、紫を身に着けているイメージがあります。
これには訳があるらしく、実は紫色は、古くから特別な意味を持つ色と考えられてきました。
たとえば、聖徳太子の時代。貴族の冠位は紫色が最上位の地位を表す色でした。僧侶でも紫の衣を身につけることができるのは最高位の僧侶に限られていたほど。その後、こうした考え方は一般にも広がり、紫は気品や風格を備えた色として尊ばれるようになっていったそうです。

日本では、70歳の誕生日である古希祝いや、77歳の誕生日の喜寿祝いにも用いられているカラーです。
紫色は、心と体のいやし効果がある色。先人達はそれを経験から知っていて、不安な気持ちの時には身近に紫色のものを置いていたといいます。

だから、古希や喜寿のお祝いには長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色をキーワードにお祝いを。もちろん紫色にこだわらなくても、その心を大切にしてお祝いをしましょう。

ところでなぜ古希というのか、言葉の意味を調べると、

古希の由来は中国の詩人、杜甫の「人生七十古来稀なり」が由来だそうです。
古希の由来は、中国の唐の詩人であった、杜甫(とほ)の「曲江詩」(きょっこう)には、「酒債は尋常行く処に有り、人生七十古来稀なり」とあります。これの訳は「酒代のつけは私が行く至る所にどこにでもある。しかし、70年生きる人は古くから稀である」となります。この詩句から、70歳を迎える人を「古希」(を迎えた)と呼ばれるようになったとのこと。

原文の表記は古稀ですが、「稀」の文字は常用漢字にはないので現在では「希」と書くことが多いです。

唐の時代は今から1000年以上前でありますので、その時代で70歳まで生きるのは非常に希であったため、現代よりもっと燦たる長寿祝いであったでしょう。
murasakishikibu